(What’s The Story) Morning Glory? – 相尾マサキの気まぐれブログ

Uncategorized

オアシスの名盤『モーニング・グローリー』がこの度リマスターされたので買ってみました。

『なるほど、これがリマスター詐欺か……』

ジミヘン、ストゥージズ、Tレックスのリマスターには心が震えたものです。旧CD盤と比べて格段に音が良くなっていました。ピストルズの2002年の輸入BOXもレコード盤に近いと評判だったし、ビートルズのリマスターもレコード盤の再現を目指したものです。

でも元々デジタル用のフォーマットで作られた90年代以降のリマスター物には注意が必要です。元のマスターテープがそれほど悪くないので格段に音が蘇る事もありません。試しにLAMEで320kbpsに圧縮して、iVolumeで音量を揃えたら大した違いもなくなる。Some Might SayやCast No Shadowのイントロのギターは確かに良くなってるけど、基本的にオケが混ざればどの曲も旧盤との違いは大して感じられくなってしまいます。

CDが売れない今の時代にCDを買うのは最早希少な絶滅種たち。そんな滅び行く種をターゲットに絞ってレーベルは名盤をリマスター。ついでに未発表バージョンや中途半端なライブ音源も足して2枚組、3枚組にして高額で再発。絶滅種たちはリマスター・ホイホイの周りをワサワサと取り囲んで、限定とも銘打てばみな容易く捕まるのです。そしてバンドやレーベルは楽して大金をゲット。

そうか、これが噂のリマスター詐欺か……二度とは引っ掛からんぞ、ボケ!

しかし考えてみれば一番音が良かったのはアナログレコード。それがサイズが小さく、傷が付きにくく、74分収録出来るデジタルCDに移行して、更に今度はよりデータを軽くしてパッケージをなくした圧縮音源に移行。

ハードが進化していく程に音質は劣化していき、音に拘るマニアはレコード盤の再現をCDに求めてリマスターに手を出し、ジャズやクラシックが好きな人は未だにアナログレコードを聞いてる次第です。

個人的には音楽はロックにしろクラシックにしろ、良い音をある程度デカイ音で聞かないとダイナミクスやダイナリズムが体感できず、曲の良さが分からないと思うんだけど、きっとみんな音楽にそこまで求めてないんでしょう。

何より良い音をデカイ音で聴けるような環境がまずない。30年前のように巨大なオーディオセットが一家に一台あって、騒音など痛み分けという時代はとうに過去のものです。防音室に完璧なスピーカーの配置をして、高級アンプで大音量のレコードにワインなど、一部の富裕層だけに許された贅沢で生意気な道楽です。庶民はみなヘッドホンをすりゃいいじゃないか。

そうしてみると圧縮音源はやはり今の時代に適したツールなのでしょう。実際128kbpsの圧縮ならともかく、320kbpsの圧縮と非圧縮CDの音量を同じにしたら、私の耳では違いは分からないと思います。少なくとも自分の再生環境では。

そこそこ良いサウンドボードやDAコンバータ。そこそこ良いスピーカーに、そこそこ大きめの音量。それで充分に音楽は楽しめます。

けどたまに本気で音楽に感動したい時は、本物を大音量で浴びたい時もあります。或いはただデカイ音で音楽を聞いていたい時もあります。

ともあれこんな希少種舐めた商品に喜ぶのはオアシス・マニアだけだぞ。ギャラガー兄弟、更に仲悪くなれ!そして今度は再結成詐欺で好きなだけ盛り上がってくれ!

※追記(2015.1.25)
『Oasis Morning Glory リマスター』の検索でこのブログの記事に辿り着く人が多いようなので、参考の為、もう少し客観的な意見を敷衍します。

音は確かに良くなっています。音圧も全体的に上がっているので良く聞こえます。ただあくまでデジタル・フォーマットで発売されたCDのリマスターなので、音圧の違いをボリューム調整してちゃんと比較すれば
何となく良くなった気がする程度のものです。イントロが明らかにクリアになった曲もあれば、一貫して大差ない曲もあります。”Wonderwall” “Don’t Look Back In Anger” “Morning Glory”などは旧盤と大して変わりません。オアシスのファンで少しでも良い音で聞きたいなら買って損はないと思います。

Source

Sharing is caring!

Leave a Reply